【2022年】新型クラウンのグレード別の特徴を徹底解説

【2022年】新型クラウンのグレード別の特徴を徹底解説

新型クラウン_グレード別の特徴

2022年7月にトヨタの新型クラウンが発表されました。

新型クラウンは4種類のボディが展開予定で、そのうちの第一弾として発表されたのが「CROSSOVER(クロスオーバー)」です。

新しいクラウン「CROSSOVER(クロスオーバー)」はこれまでのイメージを一新するデザインであり、SUVとセダンのよい部分を高い次元で組み合わせて設計されたリフトアップしたボディが特徴です。

そのほか、ダイナミックな足回りや4眼LEDヘッドランプの採用のほか、ボディカラーと室内カラーにもこだわりが見えます。

 

ここではこれまでの高級セダンのイメージから一転、品のある佇まいでありながら使い勝手のよい新型クラウンのグレード・価格・仕様を解説します。

また、グレード別にデザインや装備を比較しつつ、あなたにピッタリの新型クラウンをご提案します。

 

目次

1.新型クラウンの基本スペック・グレード・価格

2.今までのイメージを一新した新型クラウンの魅力

2-1.セダン研究から生み出した「リフトアップしたボディ」

2-2.4眼LEDヘッドランプに宿る強い眼差し

2-3.ダイナミックな足回り

2-4.異彩を放つコーディネーション「バイトーンカラー」

2-5.室内が広く感じるカラー「フロマージュ」

3.新型クラウンのグレードの違い

3-1.華やかでエモーショナルな世界観の「RS」

3-2. ラグジュアリーでバランスがよい「G」

3-3. シンプルで実用的な「X」

4.まとめ

 

1. 新型クラウンの基本スペック・グレード・価格

2018年のモデルチェンジから約4年、クラウンは大きく生まれ変わりました。

これまではセダンの王道ともいえるデザインをしていましたが新型はセダンでもSUVでもない新ジャンルカーとして刷新されたデザインです。

まずは全体のサイズから比較してみましょう。

 

新型クラウンは全長4,930mm・全幅1,840mm・全高1,540mm・最低地上高145mmとなります。

旧型クラウンは全長4,910mm・全幅1,800mm・全高1,455mm・最低地上高135mmでした。

新型クラウンは少しステップが高くなり、車の高さは低くなっています。

 

全高は低くなったものの、室内の広さには大きな影響は出ていません。

旧型クラウンは室内の高さが1,180mmですが、新型クラウンは1,170mmです。

1cmしか変わらないため、旧型クラウンに比べても室内を窮屈に感じることはないでしょう。

また、マイコン制御チルトとスライド電動ムーンルーフを取り付けた場合、旧型クラウンは1,125mm、新型クラウンは1,140mmになります。

 

寸法・定員 (mm/人)
全長 4,930
全幅 1,840
全高 1,540
最低地上高 145
乗員定員 5

 

新型クラウンのグレードや価格は以下の通りです。

CROSSOVER RSが2種類、CROSSOVER Gが4種類、CROSSOVER Xが1種類販売されます。

 

グレード 車両本体価格(税込) 燃費
 

CROSSOVER RS”Advanced”

CROSSOVER RS”Advanced”

6,400,000円 15.7km/L
 

CROSSOVER RS(※)

CROSSOVER RS

6,050,000円 15.7km/L
 

CROSSOVER G”Advanced·Leather Package”

CROSSOVER G”Advanced·Leather Package”

5,700,000円 22.4km/L
 

CROSSOVER G”Advanced”

CROSSOVER G”Advanced”

5,100,000円 22.4km/L
 

CROSSOVER G”Leather Package”(※)

CROSSOVER G”Leather Package”

5,400,000円 22.4km/L
 

CROSSOVER G(※)

CROSSOVER G

4,750,000円 22.4km/L
 

CROSSOVER X(※)

CROSSOVER X

4,350,000円 22.4km/L

 

(※)CROSSOVER RS、CROSSOVER G”Leather Package”、 CROSSOVER G、CROSSOVER Xは2023年1月以降の生産予定となります。

 

2. 今までのイメージを一新した新型クラウンの魅力

新型クラウン_フロントイメージ

新型クラウンは、これまでのイメージを一新したデザインです。

車高が高いリフトアップボディにすることでアクティブ感とワイルド感を演出するほか、「4眼LEDヘッドランプ」で強い眼差しを表現しています。

 

また、ボディカラーにはこれまでにない配色の「バイトーンカラー」が選択でき、室内カラーは新色である「フロマージュ」も選べます。

この大胆な発想は王道ともいえるデザインを打ち破り、今までのクラウンのイメージをがらりと変えており、本当に欲しい!と思えるクルマに進化しました。

 

2-1. セダン研究から生み出したリフトアップしたボディ

新型クラウン_足回りイメージ

新型クラウンは、歴代開発陣の中でも最も若いデザイナーたちが、自由な発想をもとにデザインを開発。

本当に欲しいクルマとは何か?を考え、「乗り降りがしやすい」「レジャーに使える」「色々な使い方ができる」などの意見を元に、リフトアップしたボディの形にたどり着きました。

 

リフトアップとは車体の足回りに特殊な加工を施し、車高を高くすることを指します。

車高を高くすると見た目に迫力感が増し、かっこいい印象になることが魅力です。

 

新型クラウンは、SUVとセダンのそれぞれのいい所を高い次元で合体させました。

リフトアップしたボディで目線を高くすることで、見晴らしのよい室内を実現しています。

 

2-2. 4眼LEDヘッドランプに宿る強い眼差し

新型クラウン_4眼LEDランプ

新型クラウンでは、4つのランプを使用した4眼LEDヘッドランプを採用。(※2)

4つのランプが光ることで力強い眼差しを表現しています。

 

旧型クラウンは3眼LEDヘッドランプが採用されていましたが、新型クラウンはランプを1つ多くすることで輝きをプラス。

4つのランプに宿る強い眼差しは、見た者を圧倒することでしょう。

 

(※2)「4眼LEDヘッドランプ」はCROSSOVER RS”Advanced”、CROSSOVER RS、CROSSOVER G”Advanced・Leather Package”、CROSSOVER G”Leather Package”に標準搭載

 

2-3. ダイナミックな足回り

新型クラウン_足回りイメージ

新型クラウンで最も印象的な部分は、外形の命ともいえるタイヤの見せ方です。

21インチの大径タイヤを装備した(※3)ダイナミックな足回りは、タイヤの形状や配置にもこだわりました。

ボディ(フェンダー)部分とホイールの面が同じ面に張り出して見えるよう、ギリギリの位置に配置することで、たくましいシルエットを実現しています。

 

また路面から大きな衝撃を受けるとタイヤアーチに干渉するため、精度の高いサスペンションを組み入れることでノイズの低減にも繋げています。

これまでは、タイヤの見栄えより走行性能を優先されていたのが、新型クラウンでは見栄えと性能を両立されている点は大きな魅力のひとつです。

 

(※3)21インチタイヤは、CROSSOVER RS”Advanced”、CROSSOVER RS、CROSSOVER G”Advanced・Leather Package”、CROSSOVER G”Leather Package”に標準搭載

 

2-4. 異彩を放つコーディネーション「バイトーンカラー」

新型クラウン_バイトーンカラー_フロント 新型クラウン_バイトーンカラー_リヤ

 

新型クラウンのボディカラーには、ワントーンに加え、バイトーンカラーを採用。(※4)

ツートーンよりも塗分け範囲が広く、新ジャンル感を感じ取ってもらうため、ボンネットフードからルーフ・リヤまで大胆なブラックに仕上げています。

 

バイトーンカラーの組み合わせは以下の通りです。

 

ブラック
×
プレシャスホワイトパール
新型クラウン_バイトーンカラー_ブラック×プレシャスホワイトパール
ブラック
×
プレシャスメタル
新型クラウン_バイトーンカラー_ブラック×プレシャスメタル
ブラック
×
プレシャスシルバー
新型クラウン_バイトーンカラー_ブラック×プレシャスシルバー
ブラック
×
エモーショナルレッド
新型クラウン_バイトーンカラー_ブラック×エモーショナルレッド
ブラック
×
プレシャスレイ(※5)
新型クラウン_バイトーンカラー_ブラック×プレシャスレイ
ブラック
×
プレシャスブロンズ(※6)

 

(※4)バイトーンカラーはメーカーオプションとなります。CROSSOVER Xにバイトーンカラーの設定はありません。

(※5)ブラック×プレシャスレイは、CROSSOVER RS、CROSSOVER RS”Advanced”のみ選択可能です。

(※6)ブラック×プレシャスブロンズはCROSSOVER G、CROSSOVER G”Advanced”、CROSSOVER G”Advanced・Leather Package”、CROSSOVER G”Leather Package”のみ選択可能です。

 

2-5. 室内が広く感じるカラー「フロマージュ」

室内シートのカラーには、空間を広く見せる効果のある「フロマージュ」を新たに開発。(※5)

室内全体と天井が明るく見えるため室内が広く感じ、ゆったりとくつろげる空間を実現しました。

 

また、定番カラーであるブラックにも変化をつけました。

アクセントでイエローブラウンを使った配色や「アイランドアーキテクチャー」の考え方からヒントを得た「ダークチェスナット」を背景に用いた色も使い分け、ブラックの中でもグレードに合わせて3バリエーションを設定しています。

 

新開発した新色の「フロマージュ」と「ダークチェスナット」には、雲柄を施しています。

雲柄とは少しだけムラのある「曇り」のようなビンテージ調のパターンで、落ち着きのある上品さを演出しています。

 

(※5)「ダークチェスナット」「フロマージュ」は「CROSSOVER G ”Advanced・Leather package”と“Leather package”で選択可能。

 

3. 新型クラウンのグレードの違い

新型クラウンのシリーズとグレードはCROSSOVER RSより2種類、CROSSOVER Gが4種類、CROSSOVER Xが1種類です。

まずは、シリーズ別に比較してみましょう。

 

CROSSOVER RS CROSSOVER G CROSSOVER X
インパネ
シート表皮
本革 上級ファブリック+合成皮革 ファブリック+合成皮革
ヘッドライト
4眼LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ(センターランプ点灯機能&おむかえ照明機能付)
LEDデイライト(センターランプ点灯機能付)+LEDフロントターンランプ+ヘッドランプクリーナー
Bi-Beam LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ(センターランプ点灯機能&おむかえ照明機能付)
LEDデイライト(センターランプ点灯機能付)+LEDフロントターンランプ
外観
名エンブレム(リヤ/漆黒メッキ) グリルシャッター/車名エンブレム(リヤ/クローム)
総排気量(L)
2,393 2,487

 

 

CROSSOVER RSは細部にまでこだわられたデザインと質の高い装備が特徴のグレードです。

CROSSOVER GとCROSSOVER Xも、外装・内装ともに上質な装備を備えており、バランスの良さが特徴です。

CROSSOVER RSには、CROSSOVER RS ”Advanced”が、CROSSOVER Gには、CROSSOVER G “Advanced・Leather Package”とCROSSOVER G “Leather Package” 、CROSSOVER G ”Advanced”が設けられています。

 

では、どのような方にどのグレードが向いているのでしょうか?

各グレードの特徴を詳しく見ていきましょう。

 

3-1. 華やかでエモーショナルな世界観の「RS」

CROSSOVER RS、CROSSOVER RS ”Advanced”は、新型クラウンの中でもこだわりが詰まった最上級グレードです。

新開発のデュアルブーストハイブリッドシステムをトヨタで初めて(※6)採用しています。

これにより、伸びやかな加速とリズミカルで気持ちのいい変速感で爽快なドライブが楽しめます。

また、ワンランク上のインテリアが施され、RSだけにデザインされたシートや機能を搭載。

こだわり抜かれたクルマを求める方にピッタリです。

 

CROSSOVER RSとCROSSOVER RS ”Advanced”の違いは?

CROSSOVER RS“Advanced”には、CROSSOVER RSにはない機能が搭載可能です。

CROSSOVER RSの標準装備には「カラーヘッドアップディスプレイ」「デジタルキー」「ハンズフリーパワートランクリッド」などがあります。

また、メーカーオプションで「ITS Connect」「インナーミラー デジタル」「カメラ洗浄機能 デジタルインナーミラー用カメラ」などを追加することも可能です。

 

CROSSOVER RS“Advanced”のみに搭載されている標準装備は以下の通りです。

トヨタプレミアムサウンドシステム(10スピーカー/8chオーディオアンプ)

カラーヘッドアップディスプレイ

デジタルキー

ハンズフリーパワートランクリッド(挟みこみ防止機能付)

イージークローザー(ラゲージドア&リヤドア)

置くだけ充電(縦置き)

 

こんな方におすすめ!

パワフルかつ爽快な走りを楽しみたい方

新型クラウンの上質さや充実の機能、走りを存分に楽しみたい方

細部にまでデザインにこだわりたい方

 

(※6)2022年7月現在。

 

3-2. ラグジュアリーでバランスがよい「G」

デザインと実用性のバランスを重視したい方はCROSSOVER Gがおすすめです。

 

CROSSOVER G、CROSSOVER G“Advanced・Leather Package”とCROSSOVER G“Advanced “、CROSSOVER G”Leather Package”と4種類あり、それぞれシートや搭載機能が異なります。

 

それぞれの違いは?

CROSSOVER G“Advanced・Leather Package”とCROSSOVER G”Leather Package”には、上質な触り心地の本革シートが採用されており、カラーはブラック、ブラック/ダークチェスナット、フロマージュの3つから選べます。

ダークチェスナットとフロマージュは今回の新型クラウン開発時に生み出されたもので、旧型にはないカラーです。

新色に興味がある方や、上質なシートにこだわりたい方におすすめです。

 

CROSSOVER G“Advanced・Leather Package”とCROSSOVER G“Advanced “にはパーキングサポートブレーキをはじめとしたドライビングサポート機能が充実しています。

便利で快適な運転、操作のサポートによって日常のドライブを快適にしたい方にはピッタリです。

 

こんな方におすすめ!

先進のドライビングサポートで安心したドライブを楽しみたい方

機能性とデザインのバランスがよいクラウンが欲しい方

こだわりに合わせて必要なものだけを装備したい方

 

G  G“Advanced” G“Leather Package” G“Advanced・Leather Package”
4,750,000円 5,100,000円 5,400,000円 5,700,000円
シート
上級ファブリック+合成皮革(ブラック) 本革(ブラック、ブラック/ダークチェスナット、フロマージュ)
助手席肩口パワースイッチなし 助手席パワースイッチあり
ヘッドランプ

 

3-3. シンプルで実用的な「X」

新型クラウンの中では最もお求めやすい価格ながらも、上品な佇まいのCROSSOVER X。

エントリーグレードではありますが、Toyota Safety Senseなどの安全装備をはじめとした実用性に優れた機能を備えています。

特に装備やデザインにこだわりがなく、シンプルな室内やモノトーンスタイルを選びたいのであればCROSSOVER Xがよいでしょう。

 

こんな方におすすめ!

シンプルな装備で実用性を重視する方

価格を抑えて新型クラウンを購入したい方

 

4. まとめ

新型クラウンの魅力やグレード別の特徴をご紹介しました。

これまでのクラウンは「セダンの王道」のようなイメージでしたが、新型クラウンはそれを大きく変えるような独創的なデザインになっていることが一番の特徴です。

 

グレードと種類によって搭載できる装備やインテリアが異なるため、欲しい機能をリストアップしたうえで検討してはいかがでしょうか。

デザインや搭載機能などの詳細はこちらからもご確認いただけます。

 

ネッツトヨタ東埼玉では、店頭で新型クラウンに関するご相談を受け付けているほか、新型クラウンのカタログもご覧いただけます。

順次、展示車・試乗車も配備予定となります。

埼玉県で新型クラウンをお探しなら「ネッツトヨタ東埼玉」まで、お気軽にお問い合わせ下さい。